読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

comix

ジャンプみたいなブログになりたい。

私的アイドル楽曲大賞2015

Idol

あけましておめでとうございます。

先日はよくわからない謝罪に対して、よくわからないブログを書いてしまいましたが、新年の挨拶をしていなかったので改めてまして。今年もよろしくお願いいたします。 遅くなりましたが、別に旧正月な人間ではありません。

既に2016年はスキャンダラスな話題連発で、もはや2015年だったのが懐かしくもありますが、今日は私的アイドル楽曲大賞2015を勝手に発表させていただきたいと思います。

では、僕の御託なんかより早速アイドルちゃんをみてきいていただきましょう。

アイドル楽曲大賞2015

第10位:「Lucky Girl」ROSARIO+CROSS

www.youtube.com

静岡のご当地アイドルROSARIO+CROSSさんのデビューシングル。 奥さんに教えてもらったのですが、ご当地アイドルらしからぬクオリティ! コンポーザーは近藤薫さんという方で、ハロプロなどけっこういろいろ楽曲提供してるっぽい。 個人的には2016年一番気になるアイドルかも。

第9位:「Ice Cream Cake」Red Velvet

www.youtube.com

こちらも奥さんの影響で嗜んでいるK-POP勢から。 Red Velvetは東方神起や少女時代や有名なSMエンターテイメント所属のアイドルです。 先輩である少女時代とf(x)の中間というかいいとこ取りのような音楽性で、キャッチーでいてベタになりすぎない感じがとても好きです。

第8位:「七転び八起き」アンジュルム

www.youtube.com

最近のハロプロ中島卓偉楽曲がとても評判よいですが、個人的にはこの曲がイチオシです。 ハロプロは専門分野ではないので、あまり語れないですが、とにかく踊っているメンバーがかっこいい!

第7位:「THE☆有頂天サマー!!」虹のコンキスタドール

www.youtube.com

pixivさんがやっていることで有名な虹コンのサマーソング。 とにかく眩しいですね。でも眩しいのに、なんとも言えない地下感もあるのが堪りません。

第6位:「Kiss Me Babe」フェアリーズ

www.youtube.com

最近(悪い意味で)話題のフェアリーズさん。でも、楽曲のよさは色褪せません。 ダンスやボーカルのクオリティも伊藤萌々香さんを筆頭に最高です! 乃木坂46もこれぐらい踊れたらなとよく思います。(まぁ方向性が違うので踊れなくてもいいのですが)

第5位:「ハングアラウンド」Kit Cat

www.youtube.com

でんぱ組.incや妄想キャリブレーションのコンポーザーとしても有名なDr.Usuiさんプロデュースのグループです。 でんぱや妄キャリにはない、秋葉原感が抜けたオシャレでエレクトロポップな楽曲が最高です。 PVも自作でかわいい。

第4位:「夜空を全部」sora tob sakana

www.youtube.com

初期Corneliusを思わせるイントロが最高なのですが、全編通じてとにかくかっちょいいです。 コンポーザーはなるほどハイスイノナサの照井順政さんです。 ロキノンボーイだった時よくハイスイノナサ聴いてたので、そりゃハマるわ。 楽曲とメンバーのギャップもいい味出てます。

第3位:「おもてなでしこ伝承中」妄想キャリブレーション

www.youtube.com

3位はでんぱ組.incの妹分である妄想キャリブレーションさんの最新曲。 僕は神堂未祐奈さんがいた時代の楽曲が最強に好きで、最近のでんぱ化は「うーん」だったのですが、この曲は久しぶりによいです! もちろん、でんぱ化自体は悪くないとは思うんだけど、もう少し妄キャリにしか出来ない楽曲を追求して欲しいな。 そんな勝手な想いと期待を込めて、この曲を3位にしたいと思います。

第2位:「魚たちのLOVE SONG」乃木坂46

www.youtube.com

はい、2位は僕の推しドルである乃木坂ちゃんです。 白石麻衣橋本奈々未深川麻衣高山一実、 という美形が多いと言われる乃木坂の中でも綺麗どころを集めたビジュアル最強ユニットの楽曲です。 個人的には松村沙友理さんが入っていないのが少し残念ですが、とにかく曲とPVがハイクオリティーなのでランクイン。 可愛くて曲がいいって最高ですね。 商業的な勢いは今が絶頂期だと思うので、今年はAKB48に一泡吹かせて欲しいなと思います。

第1位:「Green FlashAKB48

www.youtube.com

栄えある1位は未だアイドルの頂点に君臨するAKB48さん。 ヲタ的な評判はあんまりよくないみたいだけど、僕としては"恋チュン"以降、最大のヒットです。 言い方は悪いかもしれないけど、タイトルの通りAKB帝国没落前の最後の光みたいな雰囲気をこの曲からは感じます。 秋元康も何となくそれを感じてるんじゃないかなぁと勝手に邪推しています。

10年目を迎える2016、AKB48がどうなるかで今後のアイドルシーンはどうなるか決まるのではないでしょうか。